ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルスワクチン接種情報
町長メッセージ
その他の情報

新型コロナウイルスワクチン接種情報

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月30日更新

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、玄海町民の生命及び健康を守るため、町として総力を挙げてその対策に取り組みながら、社会経済活動との両立を図っていくことが求められています。

 国の主導的な役割のもと、住民に身近な町としての役割を全うするため、体制確保に取り組んでおります。

 ワクチン接種にあたっては、国や県、唐津東松浦医師会の支援をいただきながら、円滑な接種を実施していくことができるよう、国のガイドライン等を踏まえながら、鋭意準備を進めているところです。

【追加接種(3回目接種)】

 令和3年11月16日、厚生労働省より3回目の追加接種について体制準備の通知がありました。

 これを受け、2回目接種から8か月経過した方が、希望に応じて接種できるように体制を整えていくこととなります。

 なお、3回目の追加接種におけるワクチンは、1、2回目に多くの方が接種したファイザー社製とは異なり、武田/モデルナ社製となる可能性があります。接種を希望される方は、ワクチンを選択することができます。ただし、県によるワクチン配分では町が希望するワクチンの配分がされないため、ワクチンを選択できない場合がありますのでご理解ください。

 令和3年3月及び4月前半に2回目接種を終えた方の接種券については、12月初旬をめどにお送りする予定です。

 それ以降については、順次、接種体制を踏まえて通知してまいります。

接種率(11月15日現在 速報値)
年齢 接種見込率
65歳以上 95.2%
50歳~64歳 95.1%
40歳~49歳 89.1%
30歳~39歳 84.1%
20歳~29歳 85.6%
13歳~19歳 82.2%
12歳 18.4%
全体 90.3%

※接種見込率:接種済と接種予約済の合計。医療従事者含む。


 住民接種における基本的な考え方、予防接種の対象者、接種体制の構築など実施計画を定めました。(本計画は、接種体制の状況や国のガイドラインの状況に応じて、見直しを行います)

 新型コロナウイルス感染症に係る住民接種実施計画 [PDFファイル/596KB]

 新型コロナウイルスワクチン接種に関する国の方針や施策については、こちらをご確認ください。

 新型コロナワクチンについて|厚生労働省 (mhlw.go.jp)<外部リンク>

新型コロナウイルスワクチン接種 予約受付について

今年度12歳になられる方については、誕生日に応じて接種券を発送しております。

町内医療機関においてワクチン接種を希望される方は、事前に予約が必要ですので、下記までご連絡ください。

接種に関しては、最低人数である6名を確保する必要があること、医療機関での準備があることから、あらかじめ決められた日程となりますこと、ご容赦ください。

これまで、接種機会がなかった12歳から15歳の接種を基本としていますが、まだ接種されていない方も予約は可能です。

12歳から15歳の方の接種に関する詳細は、12歳から15歳のワクチン接種 [PDFファイル/307KB]もご確認ください。

※現在は、ファイザー社製のワクチンを使用しているため、2回目は必ず1回目から3週間後の同一曜日となります。

<予約方法>

●電話の場合(混雑により、お待たせすることがありますので、あらかじめご了承ください。​)

 玄海町コールセンター:電話0120-661-553(無料)(土日祝は除く)

 玄海町健康福祉課新型コロナウイルスワクチン接種対策室:電話0955‐80‐2255(有料)(土日祝は除く)

●インターネットの場合

 インターネット・・・・予約受付サイト<外部リンク>「新型コロナワクチン接種予約サイト」より

 LINE・・・・・・・・・友達登録<外部リンク>後、トーク画面の「メニュー」→「コロナワクチン接種予約」より

 新型コロナワクチン接種予約サイトの予約方法は、インターネットにおける予約のとり方 [PDFファイル/1.27MB]ご覧ください。

 町内の個別医療機関では予約をお受けしておりませんので、直接お電話されませんようよろしくお願いいたします。

 コロナワクチン接種に関するお問い合わせは、こちらのFAQ [PDFファイル/691KB]でご確認ください。

●ワクチン接種後や接種翌日などに発熱や倦怠感、体調不良等でご心配の場合は、

 まずは、かかりつけ医に相談

 かかりつけ医が休診やかかりつけ医がない場合は、お近くの医療機関に相談

 夜間や休日の場合は、唐津市消防本部救急医療情報電話(0955-73-0043)にご連絡ください。

住所地外接種について

 玄海町に住民票を有しない方が、玄海町にてワクチンを接種することができます。接種するための条件や手続きについては、こちらをご覧ください。

接種順位

 国が定めているワクチン接種対象者は、今年度中に12歳以上(※)となる方となります。ワクチンの供給量により、一定の接種順位を決めて行います。

 なお、追加接種については、下記の接種順位によらず2回目接種から原則8か月以上経過した者から順に接種していくこととなります。

 ※12歳の方は、誕生日が到来し、12歳になった日から接種することが可能です。

 
優先順位 対象者 対象者の詳細
1 医療従事者など

新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など

2 65歳以上の高齢者

令和4年3月末時点で65歳以上に達する人(昭和32年4月1日以前に生まれた人)なお、ワクチンの供給量・時期などによっては、年齢により接種時期を分けることもあります。

3

基礎疾患を持っている人

(令和3年3月18日時点)

基礎疾患の内容 [Wordファイル/13KB]
3

・高齢者施設などの従事者

・居宅サービス事業所等及び訪問サービス事業所等の従事者

高齢者が入所・居住する社会福祉施設など(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障がい者施設・救護施設)、居宅サービス事業所(介護)・訪問サービス事業所(障がい)において、利用者に直接接する職員
3 60~64歳の人 ワクチン供給量によっては、基礎疾患を持っている人と同じ時期に接種を行うこともあります。
4 1~3以外の人

上記のどれにも当てはまらない人

なお、ワクチンの供給量・時期などによっては、年齢により接種時期を分けることもあります。

<玄海町の接種方針(接種順位)>

  • ワクチン接種は、上記の国が示す接種順位に沿って行います。
  • 高齢者の接種については、高齢者施設でのクラスター予防や重症化予防の観点から高齢者施設入所者等から段階的に接種を開始しています。
  • このほか、玄海町では、ワクチン接種の機会がない子どもたちを守るため、保育所の職員、学校の教職員、児童館の職員(いずれも子どもと接する従事者)に対して、優先接種の対象に加えることとしました(R3年6月10日)。
  • 接種券の発送は、ワクチンの供給体制に応じ、接種体制を整えたうえで順次発送を行っています。

ワクチン接種までの流れ

接種までの流れ(町内接種の場合)
対 応 者 内 容
役 場 対象者の方に接種券、予診票など接種に必要な資料を送付
住 民

接種券等が自分宛のものか、内容を確認のうえ、接種を希望する場合は予約を行う。

(予約は、電話、インターネットなど)

予診票の内容を確認し、接種日当日までに予診票を記入する。

接種者

(1回目)

当日、検温を行い、体調に異常がなければ、予約時間に接種会場へ。

問診、接種後、15分~30分経過観察。

体調に問題がなければ、そのまま帰宅。

接種者

(2回目)

ワクチンに応じて1回目の接種日から指定の間隔をあけて2回目の接種を行う(上記同様)。

接種者

(3日目)

3回目の接種は、2回目の接種完了日から原則8か月を経過した日から接種することが可能。

3回目接種においても予約が必要です。

 

接種回数

初回接種:1人2回(同じ種類のワクチンを一定間隔あけて受ける必要があります。) 

     ファイザー社製は、原則1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受ける。

     武田/モデルナ社製は、原則1回目の接種から4週間後に2回目の接種を受ける。

追加接種:初回接種を完了した方のうち、2回目接種日から原則8か月経過した場合

接種費用

   無料

接種場所

 玄海町が定める指定の場所

接種する際の同意

 ワクチン接種については、対象となるすべての方に受けていただくよう勧めておりますが、接種を強制するものではありません。

 接種を受ける方は本人の同意がある場合に限り、接種が行われます。

 職場や周りの方に強要したり、接種を受けない方への差別的な扱いをしたりすることがないようお願いします。

副反応など相談センター

 ワクチンの安全性、有効性、ワクチン接種後の副反応に関する相談

 佐賀県新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター

   電話番号:0954-69-1105    受付時間:8時30分~17時00分(土日・祝日も実施)

 

※行政放送(チャンネル玄海)、広報玄海、玄海町ホームページなどを通じて広くお知らせしてまいります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)