ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「あびき」の発生に注意してください

印刷用ページを表示する更新日:2024年1月31日更新

「あびき」とは

 潮位の副振動(海面が数分から数十分の周期で昇降を繰り返す現象)のことで、振幅の大きな「あびき」が発生すると、潮位の上昇や強い潮流によって、海岸や河口付近の低地での浸水、港湾施設の破損、係留している船舶の流出・転覆といった被害が発生します。 

 「あびき」は時期や場所を問わず発生しますが、特に九州西岸や奄美地方ではこれから春にかけて、振幅の大きな「あびき」が発生しやすい時期になります。

 詳細は、佐賀地方気象台の資料<外部リンク>をご覧ください。

「あびき」により被害が発生するおそれがある場合

 「あびき」により被害が発生するおそれがある場合は、佐賀地方気象台が潮位情報や高潮警報・注意報を発表しますので、佐賀地方気象台が発表するこれらの情報にご注意ください。 

 潮位情報や高潮警報・注意報は、下記ページで確認することができます。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)