ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・交通 > 公営住宅 > 町営住宅における吹付けアスベスト等材料の使用状況について

町営住宅における吹付けアスベスト等材料の使用状況について

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新

先日より、公営住宅のアスベストの使用状況等について、テレビ、新聞等で報道されているところですが、佐賀県では、平成20年度に県営住宅に使用されているアスベストの含有が疑われる吹付け材について、分析調査を行っています。
※吹付けアスベスト等とは

  • 吹付けアスベストまたはアスベスト含有ロックウール(アスベストを0.1重量%超含有しているものに限る。)
  • 建築基準法では、平成18年10月1日以降、建築物に使用することが禁止されています。

※その他のアスベスト含有吹付け材

  • 「吹付けバーミキュライト(ひる石)」や「吹付けパーライト」で(アスベストを0.1重量%超含有  しているもの)
  • 国土交通省において実態調査を行ったところ、有意なアスベスト繊維の飛散は確認されなかったことから、社会資本整備審議会建築分科会アスベスト対策部会の審議を踏まえ、建築基準法の規制の対象となっていません。

町営住宅における「吹付けアスベスト等」「その他のアスベスト含有吹付け材」の使用状況についてお知らせします。
「吹き付けアスベスト等※1」は、町営住宅に使用されていません。