ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林水産課 > 玄海町「新嘗祭」御田植式について

玄海町「新嘗祭」御田植式について

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月10日更新

4月19日に御田植式を開催

 令和2年4月19日に新嘗祭の神事として「御田植式」(おたうえしき)を執り行いました。
 御田植式では、本来は、佐賀県選出の国会議員の方をはじめ、来賓の方々にご出席をいただく予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、規模を縮小し開催しました。
 神事は、浜野浦展望台で、町長をはじめとした玄海町良質米生産対策協議会の委員の一部の出席により執り行いました。
 御田植式の中の御田植の儀では、圃場の一部への田植えのみでしたので、神事終了後に、地元の住民の方々、関係機関の職員の手により、田植えしました。総勢20名程度の方に参加をいただいたこともあり、予定よりも早く終えることができました。
 稲刈りの際には、地元の小中学生や来賓の方を迎えられるよう願っています。
 また、無事に稲刈りを迎えられるよう献穀農家の方の支援を行いたいと思います。

「新嘗祭」とは

 新嘗祭は、宮中祭祀のひとつであり、収穫祭にあたるものとなります。11月23日に皇居にある神嘉殿(しんかでん)で執り行われています。
 天皇陛下が五穀の新穀を神に勧め、また自らもこれを食され、その年の収穫に感謝する祭祀となっています。
式典
式典
田植え
田植え
田植え
田植え
田植え