ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健介護課 > 風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月1日更新

 現在、例年と比較し、関東地方で風しん届出数が大幅に増加しており、この時期は多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。

1. 特に30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがない、風しんの予防接種を受けたことがないまたは風しんに対する抗体が陽性であると確認ができていない方は、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

2. 妊婦への感染を防止するため、特に

 (1)妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族

 (2)10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い者)

 のうち、明らかに風しんにかかったことがない、風しんの予防接種を受けたことがない、または風しんに対する抗体が陽性であると確認ができていない方は、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討ください。