ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 財政企画課 > 原子力発電施設等周辺地域交付金相当部分(給付金給付事業)

原子力発電施設等周辺地域交付金相当部分(給付金給付事業)

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新

 この制度は、原子力発電施設等の立地する市町及びその隣接市町等に居住する住民や企業に対して原子力立地給付金を交付するもので、昭和56年度から給付されています。

 原子力発電所の施設能力に応じて算出された金額が年に1回給付されます。

交付対象者

 玄海町及び唐津市の一部で小売電気事業者、一般送配電事業者または登録特定送配電事業者から電気の供給を受けている家庭、企業等です。

交付金額

1か月あたりの給付金の交付額
  従量電灯および農事用電灯の契約1口あたり給付金額 業務用電力、低圧電力、高圧電力、特別低圧電力、業務用電力および受給調整契約の契約電力1キロワットあたりの給付金額
玄海町 702円

351円

※給付単価は、市町村の区分(所在、隣接など)によって変わります。
※需給契約の詳細については、ご契約されている小売電気事業者等へお問い合わせください。

資格要件

 毎年、10月1日に電力会社との間で電気の受給契約がある需要家が対象です。

交付の方法

国 → 都道府県 → 所在市町村及び隣接市町村等

※給付金の交付事業は、公募により決定した事業者が行いますが、事業者は、給付の事務を電気事業者へ委託する場合があります。