ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康福祉課 > 「介護予防・日常生活支援総合事業」

「介護予防・日常生活支援総合事業」

印刷用ページを表示する更新日:2019年10月1日更新

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

介護保険法の改正に伴い、要支援1及び2認定者を対象とした介護予防給付のうち「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護について、今までは全国一律の基準に基づくサービスだったものが、地域の実情に応じて市町村が効果的かつ効率的に実施できる「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」に変わりました。玄海町では平成29年4月から総合事業を開始しています。

総合事業を利用できる人

総合事業を利用できる人は次の1または2に当てはまる人です。詳しくは地域包括支援センターまでご相談ください。

  1. 要支援1または2の認定を受けている人
  2. 65歳以上の人で、基本チェックリストによる判断の結果、事業対象者としての基準に当てはまる人

総合事業で利用できるサービス

総合事業で利用できるサービスは下記のとおりです。自己負担額があります。

利用するためには、地域包括支援センターのケアマネジャーが作成するケアプランが必要です。

利用するサービスの内容や回数などは、利用者の身体状況、希望に基づき決定します。

介護予防・生活支援サービス事業

  1. 訪問型サービス(従前型介護予防訪問介護相当)
  2. 通所型サービス(従前型介護予防通所介護相当)
  3. 通所型サービスA(緩和型通所サービス、「介護予防教室」)/soshiki/6/1183.html